肌の状態に合わせる

口紅をつける女性

【敏感肌の症状について知る】

敏感肌には、肌が赤くなる・ヒリヒリする・化粧品がしみる・かゆみなど様々な症状があります。原因にも日焼け・乾燥・肌への強い刺激(洗顔やスキンケア)などが考えられます。敏感肌とは、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなります。そして外からの刺激が入り込みやすくなり、肌が敏感に反応してしまいます。現在、多くの化粧品ブランドから「敏感肌用」の化粧品の取り扱いがあります。敏感肌を改善するために、どの様な化粧品を選べば良いのでしょうか。「敏感肌用」と言っても症状・原因が様々であり、すべての人に同じ効果があるわけではありません。まず自分の症状と原因をしっかり理解してから、「敏感肌用」の化粧品を選ぶ必要があります。

【自分の症状に合った化粧品を選ぶには】

毎日の生活の中で改善できる事から始めてみましょう。肌への強い刺激をさけるには、日々のクレンジング・スキンケアを見直し、乾燥・日焼けに注意するのもポイントです。低下した肌のバリア機能をアップさせていく必要があります。バリア機能には、「セラミド」の成分が深く関係してきます。「セラミド」とは、皮膚の角層にあり外からの侵入を防ぐバリア機能です。症状に合わせた成分のものを選びましょう。インターネットで販売している敏感肌用の化粧品には、初回お試しセットや返金保障などのお得なキャンペーンがたくさんあります。自分に合う化粧品を探すには、色々と試す事も必要です。敏感肌の人は、初めて使う化粧品の場合はパッチテストをしてから使用する事をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加