方法の違いに注目

メイクブラシ

シミを消す方法には2種類の方法がある

シミを消す方法には塗り薬とレーザーなどの治療器を用いた治療方法の2種類あります。塗り薬ではハイドロキノンという成分が有効です。この成分はシミの原因であるメラニンの生成を抑制する効果や減らす効果があり、薄いシミを消す効果があります。塗り薬は薄いシミには有効ですが濃いシミには効果は限定的です。根本的にシミを消したいという方にはレーザーなどによる利用が効果的です。レーザーを照射することにより症状が出ている部分をやけどのような状態にします。やけどのような状態となった皮膚が新しく生まれ変わることにより綺麗に消すことができます。レーザーによる治療では、かさぶたができたり赤み、腫れなども伴うこともあります。

自分の目的にあった治療方法を選ぶ

根本的にシミを消したい方にはレーザーが有効な手段ですが、ダウンタイムが長いことがあり治療を受けることにためらう方も多くいました。しかし、最近ではリジュビネーションという提出力のレーザーを照射することで、肌にダメージが少なく治療をする方法も登場しています。また、塗り薬なら全体的にシミを薄くする効果は十分に期待できます。塗り薬ではレーザーの用意ダウンタイムなどもなく気軽に治療できるのがメリットいえます。このように、それぞれの治療でメリットやデメリットがあり、自分の目的に合った治療方法を選ぶことが大切です。消すことができなくても少しでも薄くできればいいと考えている方は塗り薬を、根本的に治したいという方は、肌へのダメージは大きいですがレーザーを選ぶことで希望通りの結果を得ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加